開催概要

作品応募テーマ

2018・聴くこと…伝えること…

2018年の今を生きている皆さんは、どの様なメッセージを世界に伝えたいですか。
楽しい事、悲しい事、怒り、喜び、日々の生活は地球の様に止まることなく続いています。
私達は、嬉しい涙、悲しい涙、悔しさ、楽しさ、様々な気持ちと共に生きています。
今の幸せを大切にすること、今の不幸を無くしていくこと。
あなたは1分間の言葉の壁を越えた「映像メッセージ」で、どんな思いを世界に届けますか?

募集概要

応募者対象者 小学生から大学生・専門学生
作品募集受付期間 2018年4月1日~7月31日
コンテスト(一次審査) 2018年8月上旬 一次審査委員:学生事務局及び運営事務局によるWeb審査
受賞作品発表 Web生中継映像配信、Webホームページにて動画掲載(入賞30作品予定)

事務局

  • 事務局長:小林和男(元テレビ朝日プロデューサー)
  • 副事務局長:間島貞幸(駿河台大学 メディア情報学部 准教授)
  • コンプライアンス担当:村上信夫(茨城大学人文学部 教授/脚本家)
  • Web配信技術担当:永野剛((株)パンレックス代表)
  • NPO準備担当:斉藤裕也((株)PDEC代表)

運営事務局

所在地
神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学文化社会学部広報メディア学科 五嶋研究室内
お問い合わせ先
contact1@oneminute.jp

学生事務局

  • 東海大学文化社会学部広報メディア学科 五嶋研究室学生
  • 文教大学情報学部情報システム学科 川合研究室学生
  • 駿河台大学情報メディア学科 間島研究室学生
  • 茨城大学人文学部人文コミュニケーション学科 村上研究室学生
  • その他有志学生

審査委員

一次審査委員

  • 審査委員長:川合康央(文教大学情報学部情報システム学科准教授)
  • Web審査委員:学生事務局

本審査委員

  • 「映像表現としての視点」:こぐまあつこ(日本アニメーション協会理事)
  • 「作品のテーマ性としての視点」:小林和男(元テレビ朝日プロデューサー)
  • 「異文化理解としての視点」:松任谷愛介(クロスカルチャー・ホールディングス代表)
    ※英国在住の為Web(Skype)参加
  • 「総合評価」(審査委員長):五嶋 正治(東海大学文化社会学部広報メディア学科教授)

コンテスト

日時:2018年8月26日(日)15:00~予定 本審査会、受賞作品発表
会場:東海大学湘南キャンパス14号館

協力

スポンサード

  • 未定